男性不妊

左の精巣(金玉)にシコリがあって痛い。精索静脈瘤の疑いです。

最近左の精巣(金玉)の上にシコリがあって痛い。精索静脈瘤という病気かも知れません。痛いだけではなく、男性ホルモンの低下により男性更年期を発症したり、精子がうまく作れなくなって男性不妊になってしまう可能性があります。専門で扱っているのは泌尿器科なので診断をしてもらいましょう。適切な治療をすることで、痛みは解消されます。

精索静脈瘤とは?

男性の6人に1人ある精巣の上のコリっとしたシコリです。静脈にコブができて、精巣の血流が悪くなることが問題です。血管の構造の関係で左にできることが多いですが、右や両方にあることもあります。血液の流れが悪くなり精巣の温度が上昇するなどにより、精子や男性ホルモンを作る機能が低下していしまます。精巣や下腹部に鈍い痛みを自覚することもあります。昔はなかったのに気づいたらできていて、年齢とともに少しずつ進行する病気です。

男性不妊と精索静脈瘤についてもっと知りたい人は下記リンクへ
精索静脈瘤は手術で治る。保険適応で不妊治療を効率化。
二人目妊活がうまくいかない。二人目不妊の原因は男の精索静脈瘤?

痛みはどんな感じ?

精索静脈瘤の痛みの特徴を紹介します。

・精巣や下腹部に鈍いジーンとする鈍い痛み
・動いているときより、じっとしていると感じやすい
・仰向けに寝ることで血流が改善して痛みが緩和することが多い
・立っているとうっ滞するため、朝より夜に感じやすい
・痛み止めが効きにくい
・昔は感じなかった
・だんだん悪くなることも

精索静脈瘤でも痛みを自覚しない人もいますし、必ずしもすべてが当てはまる人ばかりではありません。

痛み以外の症状は?

精索静脈瘤の痛み以外の代表的な症状を紹介します。

・精巣の上にシコリがある
・シコリがある側の精巣が小さい
・シコリがある側が垂れ下がっている
・男性不妊
・男性ホルモン(テストステロン)低下

などの症状がみられることがあります。

有効な薬はある?

痛みに対してはロキソニン、カロナールなどの一般的な痛み止めが効くこともありますが、この手の薬は鈍い痛みには効きにくいです。適切な治療で完治する病気なので、一生薬を飲み続けるのは勿体ないです。男性ホルモンや男性不妊に対する影響は、コエンザイムQ10などの抗酸化剤もある程度有効ですが劇的な効果はありません。そのため、痛みが悩みの場合も手術による根本的な治療がオススメです。

何科に行けばいいの?

精索静脈瘤を専門に扱うのは泌尿器科です。「どの泌尿器科でもいいんですか?」とよく質問を受けるのですが、だめです。非常に専門性の高い病気なので不妊治療を専門にしている泌尿器科医を受診しましょう。男性不妊の専門外来です。超音波で診断するのですが経験が豊富でないと見逃すリスクが高いです。また、最先端の顕微鏡下低位結紮術であれば2cmほどの陰毛に隠れる傷で、日帰り手術が可能で翌日からは社会復帰できます。治療成績も専門の医師がやると全くことなります。

診察されるのが恥ずかしいです

心配しないで下さい。泌尿器科医は毎日数十本の陰茎を診察しています。今更、あなただけに特別な感情を抱いて診察することはありません。男性不妊の専門外来は診察時に看護師が同席しない、男性スタッフしかいない、人目につかない場所にある、などプライバシーに気を使ったクリニックが多いです。

どんな検査をするの?

精索静脈瘤を見つける検査

超音波検査がメインになります。精巣や周囲の臓器(精管、精巣上体)などを観察し、血管に逆流がないかどうか調べます。あわせて血液検査や精液検査なども行います。痛みのある検査は採血だけです。

その他の病気でないかも調べる

精巣の周囲にカタマリができたり、痛みがでる病気は感染症、精巣腫瘍など様々あります。「本当に精索静脈瘤なのか?」ということも入念に調べます。

手術はどんな感じですか?

精索静脈瘤の痛みの解決には顕微鏡下低位結紮術が有効です。気になる痛み、術後の生活、費用について説明します。手術についての詳細は以下リンクを参考にしてください。
精索静脈瘤は手術で治る。保険適応で不妊治療を効率化。

手術時間は?

片方だけなら1時間、両方で2時間程度です。

手術中の痛みは?

入院して行う全身麻酔であれば手術中は意識が全くないので痛みを感じることはありません。しかし、麻酔から覚めたあとに気持ち悪さ、だるさなど感じることが多いので局所麻酔がオススメです。局所麻酔であれば日帰り手術が可能です。手術をする皮膚に局所麻酔をしたのちに、精索という病気の本体がある部分に精索ブロックという特殊な麻酔をします。上手な執刀医であれば、ほとんど痛みを感じることはありません。手術が怖い、寝たいと人は眠り薬をつかうことも可能です。

術後の痛みは?

「死ぬほど痛かった」という体験談を聞くこともありますが、これは鎮痛が不適切だったのだと思います。適切に痛み止めを内服すれば、日常生活に支障がでる痛みがありません。

術後はどんな感じですか?

翌日から仕事や日常生活にあまり制限はありません。術後2週間程度はウエイトリフティングなど激しい運動はやめておきましょう。シャワーは問題ありませんが、入浴は1週間ほどやめておきましょう。細かい指示は手術の状況によっても変わりますので、主治医の先生の指示に従ってください。

手術費用はどれぐらいですか?

2018年から保険適応になり、自己負担8万円程度で受けることができます。追加で行う処置などにより少し費用が異なります。しかし、看護師や手術助手、設備代などの採算があいません。そのため一部の大学病院など以外では自由診療で30万円程度で行っているところがほとんどです。大学病院は手術の待ち期間が数か月あることも珍しくなく、執刀する医師を指名することはできません。一生に一回の手術で妊娠にも関わる大切な手術なので、値段だけでなくなく、治療の質で病院を選ぶといいと思います。

現役大学病院医師の私が書いた、大学病院とクリニックの比較記事です。
男性不妊、クリニックと大学病院どっちがいい?大学医師が比較

治療の腕は執刀医次第

ネットで検査検索すると手術の一般的な成功率や合併症の率が出てきますが、これはあくまで平均値です。上手い外科医と下手な外科医では成績が全く違います。当然手術の痛みも異なります。上手な執刀医の見つけ方は下記リンクからどうぞ。
手術の執刀医を選ぶ失敗しない方法6選。人生を託せますか?

まとめ

・精巣の周りの痛みは精索静脈瘤が原因かも
・不妊治療を専門にする泌尿器科へ
・検査は痛みなし
・薬はいまいち
・手術がオススメ
・手術は執刀医の腕次第